サーバー2008でディスククリーンアップを追加する

あなたのハードドライブを邪魔にならないように保つことは、うまく走っているサーバーを持つために不可欠です。これを達成するためのツールはDisk Cleanupですが、それはServer 2008にはっきりと見当たりません…それとも?

ディスククリーンアップを有効にするには、まず[スタート]ボタンの横にある[サーバーマネージャー]アイコンをクリックして、サーバーマネージャーを開きます。

サーバーマネージャーで、[機能]セクションまでスクロールし、右上の領域の[機能の追加]をクリックします。

ディスククリーンアップツールはデスクトップエクスペリエンス機能にバンドルされていますので、インストールを確認します。

以前はインクと手書きサービスを追加していないため、デスクトップ体験をインストールするために必要なことを知らせるポップアップウィンドウが表示されます。続行するには、[Add Required Features]をクリックします。

次に、「インストール」ボタンをクリックしてください。

機能がインストールされたら、システムを再起動して変更を有効にする必要があります。

再起動が完了したら、[ディスククリーンアップ]ツールが[アクセサリ] | [ディスククリーンアップ]システムツール

MicrosoftがServer 2008からディスククリーンアップをデフォルトで省略することを決めた理由はわかりませんが、少なくともツールに追加するのは簡単です。次に、ディスククリーンアップのスケジュールを見てみましょう。

ありがとう

それは素晴らしい指導であり、私を多く助けます。どうもありがとう!

ありがとう!これは私を助けました。

偉大な指示。本当にありがとう。

おかげさま…

これを書いてくれてありがとう。他の誰かがなぜこれらの機能を見つけるのが難しいのだろうか? SMH。

多くの管理者が実行するために不可欠と考えるツール、特に新しくインストールした後はデフォルトでは利用できないツールが奇妙に見えることはありませんか?そして、この小さなディスククリーニングツールを手に入れようとすると、クリーンアップしようとしているドライブに無関係なプログラムやサービスを追加しなければならないということは二重に奇妙なことではありませんか?さらに悪いことに、これらの追加されたプログラムとサービスは、ほとんどのサーバー上で実際にはビジネスを持っていません。

ディスククリーンアップを実行するために必要なファイルは2つだけです。 Desktop Experience crudを追加したら、2つのファイルを安全な場所にコピーし、デスクトップエクスペリエンスを削除します。その後、所属する2つのファイルを復元します。これらのコマンドを実行してファイルを保存する

存在しない場合はc:\ myfolder md c:\ myfolder;%windir%\ System32 \ cleanmgr.exe c:\ myfolder;%windir%\ System32 \ ja-US \ cleanmgr.exe.mui c:\ myfolderをコピーします。

これらのコマンドを実行して復元する

コピーc:\ myfolder \ cleanmgr.exe%windir%\ System32;コピーc:\ myfolder \ cleanmgr.exe.mui%windir%\ System32 \ en-US

優れた投稿、ありがとう

世界中の何百万ものバイクに見つかったツイストグリップスロットルは、エンジンスロットルを調整するハンドルの1つをねじり、1867年に導入されて以来、ほとんど変わっていません。