vhsテープ著作権侵害と戦う初期の試みには何が関係していますか?

回答:グリーンカセットドア

現代の著作権侵害防止法は、洗練された暗号化スキームと、映画スタジオと海賊の間で絶えず進展する武器競争に強く依存しています。しかし、VHSテープの当時、著作権侵害対策は、ホログラムとグリーンカセットのドアに依存していました。より正確に言えば、海賊対策は公共の親善に本当に依存していたと言えるでしょう。

1988年のE.T. Extra Terrestrial、MCA Home Videoには、本物の高品質のオリジナルリリースが公開されていることを一般に知らせるための機能がいくつか追加されています。各E.T. VHSテープには、緑色のカセットドア、各スプールの中央にある緑のテープハブ、およびテープビューウィンドウ上の大きなユニバーサルスタジオホログラフィックラベルがありました。

有色プラスチックとホログラムが実際に著作権侵害を抑止する方法で多くのことをしなくても、E.T. 1980年代のベストセラーホームビデオの1つになりました。