Visual Studio 2005でクラッシュしたプロジェクトの自動保存/自動回復を設定する

Visual Studio 2005には、IDEがクラッシュしたときにプロジェクトを自動的に保存して復元するための新機能があります。 Visual Studioでたくさんのプログラミングを行ったことがあるなら、間違ったタイミングでクラッシュする傾向があることがわかります。

このオプションを設定するには、Tools \ Optionsに移動し、EnvironmentセクションのAutoRecoverをクリックします

このオプションは通常、デフォルトで有効にする必要があります。

Visual Studioがクラッシュすると、再起動すると次のようなダイアログが表示されます

あなたがしなければならないのは、Recoverボタンをクリックするだけです。あなたはどこにいたのでしょうか。

Visual Studio 2008がファイルを自動的に保存する既定のディレクトリ(C:/ Users /(UserName)/ Documents / Visual Studio 2008)を変更することは可能ですか?

できるだけ早く返信してください、Geek:D

一般的なオタク、質問にすでに答えて、あなたが私が推測しているようなケースであるかどうかわからない投稿を怖がらないでください。あなたのプログラミングの瞬間を1〜2分控えて、このシンプルでverryな便利な質問にお答えください

ツール/オプション/プロジェクトとソリューション/一般/プロジェクトの場所を参照してください。

申し訳ありませんが、このgreggを言いますが、ユーザーが手動で保存したい場合、つまり名前を付けて保存すると、プロジェクトのデフォルトの場所が変更されます…

何らかの理由で私が望むディレクトリにそれらを変更したとしても、Visual Studio 2008は何も保存されなくてもこのディレクトリを作成し続けます。

C:/ Users /(UserName)/ Documents / Visual Studio 2008

イーサネットは、1973年と1974年の間にXerox PARCで開発されました。1985年に物理的なデータ転送標準として公式化されました。