旧日本の軍事基地は今や飼い慣らされていますか?

回答:ウサギ

大雪島は、日本の海岸から離れた小さな島で、暗い過去がありますが、ややフレンドリーなマスコットで生まれ変わりました。この小さな島は、1920年代に日本国政府によって制定され、日本陸軍科学技術院によって制定された化学兵器の秘密基地となった。島の孤立、東京からの距離、そして守ることの容易さは、この使命にとって決定的に重要なものでした。日本は、化学兵器の使用を禁じているジュネーブ議定書の署名国の1つでした。島のプロジェクトについて知っている人はほとんどいませんでした。ガス製造工場で働いていた人たちは、何十年もの間、彼らの仕事について暗闇の中で保管されていました。そこで生産されたガスは主に中国で使われ、第二次世界大戦後、連合軍はガスを処分して施設を焼きました。

戦後、日本は非軍事目的で島を修復するプロセスを開始した。リハビリのプロセスの一部は、巨大な公園や観光地としての島の再開発でした。その過程で、日本政府はウサギのように繁殖した島にウサギを放った。元々ウサギには何百もの子孫がいて、狩猟などの禁止や害のために、現在は「ウサギ島」(ウサギ島)として知られている大沼に来る何千人もの訪問客に慣れ親しんでいます。手に喜んで餌を与え、愛らしいウサギの群れを飼います。

 Vitaly Petrukhin。

つまり、彼らはおそらくゾンビウイルスのベクターになるでしょう!

おしゃべり、ツイードのカップルを投げると、あなた自身が観光の魅力を持っています。