コマンドラインからランダムなパスワードを生成する10の方法

Linuxに関する素晴らしい点の1つは、何百もの異なる方法で同じことをすることができることです。ランダムなパスワードを生成するのと同じくらい簡単な操作でも、何十種類ものコマンドで実現できます。あなたがそれを行うための10の方法があります。

Command-Line Fuからこれらのコマンドをすべて集め、独自のLinux PCでテストして、機能することを確認しました。 CygwinがインストールされているWindowsでは、少なくともこれらのうちのいくつかを使用できるはずですが、それらのすべてをテストしていないのは間違いありません。

これらのランダムパスワードコマンドのいずれかについては、異なるパスワード長を出力するように変更するか、そうした長いパスワードを必要としない場合は、生成されたパスワードの最初のx文字を使用することができます。とにかくLastPassのようなパスワードマネージャーを使用しているので、それらを暗記する必要はありません。

このメソッドは、SHAを使用して日付をハッシュし、base64を実行して上位32文字を出力します。

この方法では、組み込みの/ dev / urandom機能を使用し、通常はパスワードで使用する文字のみをフィルタリングします。そして、トップ32を出力する。

これは、あなたのシステムにインストールされていないかもしれないopensslのrand関数を使います。他にもたくさんの例がありますよね?

この1つは他のurandomと同じように動作しますが、逆の作業をします。 Bashは非常に強力です!

ファイルから印字可能な文字列を出力するstringsコマンド(ここではurandom機能)を使用してフィルタリングする別の例を次に示します。

ここには、より簡単なバージョンのurandomがあります。

これは非常に便利なddコマンドを使います。

片手でパスワードを入力できるランダムな左手パスワードを作成することもできます。

これをいつも使っているのであれば、それを関数に入れる方が良いでしょう。この場合、一度コマンドを実行すると、ランダムなパスワードを生成したいときはいつでもrandpwを使うことができます。 〜/ .bashrcファイルに入れておきたいでしょう。

この同じ構文を使用して、これらの関数を関数にすることができます。{}内のすべてを置き換えるだけです

そして、Linux、CygwinのWindows、おそらくMac OS Xで動作するコマンドラインからパスワードを作る最も簡単な方法があります。他のオプションのようにランダムではないと不平を言う人もいますが、しかし、正直なところ、あなたが全部を使用しようとするならば、それは十分にランダムです。

ええ、それは覚えておくだけでも簡単です。

Linuxのコマンドラインからランダムなパスワードを作成できる他の方法があります。たとえば、実際にLinuxユーザーアカウントにパスワードを割り当てるmkpasswdコマンドです。あなたの好きなやり方は何ですか?

ミントでは「apg」を使用します。 apg -a 1と入力すると、大文字と小文字の英字、数字、および米国のキーボード記号を含む9〜10文字の6つのパスワードが得られます。 -mの後ろに、パスワードの長さを指定するための数字を続けます。 apg -a 1 -m15は6つのパスワード15文字を与えます。たとえば、apg -a 1 -m12 -n10と入力すると、12個のパスワードが10個のパスワードになります。英数字のみを指定する他のコマンドもあります.pgとタイプするとランダムな文字を入力するように要求されます(表示されません)。多かれ少なかれ発音数の多い英数字のパスワードが選択されます8 -12文字です。

私のお気に入りは: