オンラインで文書と画像の複数のオンラインサービスにアクセスする

ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、またはイメージを最後に変更する必要がありますが、通常のソフトウェアスイートにアクセスすることはできません。これで、Open IT Onlineを使って簡単にその状況を改善できます。

注:Open IT Onlineは、以下のファイルタイプで動作します

オープンなITオンラインのためのセットアップ

注:表示されているスクリーンショットは、FirefoxのOpen IT Onlineのインストール用です。

拡張機能をインストールしてFirefoxを再起動すると、設定ウィザードが表示されます。

2番目のウィンドウでは、文書や画像に使用する2つの主要サービスについて簡単に選択できます。デフォルト設定はここに描かれており、アドバンスト設定にアクセスすることも、イメージサービスを選択するまで進むこともできません。

イメージサービスの1つを選択したら、特定のドキュメントおよび/またはイメージタイプにどのサービスが使用されているかを微調整する場合は、[詳細設定]にアクセスすることをお勧めします。それ以外の場合は、[次へ]をクリックして最終設定ウィンドウに直接進みます。

あなたのドキュメントに使用する特定のオンラインサービスを選択…

特定のスプレッドシートドキュメントタイプに対して選択…

あなたのプレゼンテーション文書のため。

イメージに使用するオンラインサービスを決定します。

文書や画像の種類に特化したオンラインサービスの選択を終えたら、利用規約に同意して設定処理を完了する必要があります。 [完了]をクリックして設定ウィンドウを閉じます。

セットアップウィザードが完了した後

設定ウィンドウを閉じると、Open IT Onlineの「新規インストール」ページが表示されます。基本情報と、Box.netでファイルをオンラインで保存できるようになりました。

オープンITオンラインのオプション

設定を変更する場合は、オプションウィンドウを使用して簡単に変更できます。最初のタブエリアで、使用するオンラインサービスを開く場所を選択し、インターフェイス統合に関する選択を行うことができます。

ドキュメントに使用するオンラインサービスの選択肢を変更したい場合は、2番目のタブエリアで行うことができます。

3番目のタブエリアでスプレッドシートに必要な変更を加えます…

そして4番目のタブエリアでプレゼンテーションに必要な変更。

最後のタブエリアの画像に使用されるサービスを変更します。

ツールメニューからのアクセス

必要に応じてツールメニューからOpen IT Onlineにアクセスできます…

実際に活動しているオープンなITのサンプル

右クリックメニューを使用してOpen IT Onlineにアクセスします。この例では、右クリックメニューを使用して画像を操作しています。

[保存]コマンドまたは[名前を付けて保存]コマンドを使用すると、次のウィンドウが表示されます。実行したいアクションに対して複数の選択肢があることに注意してください。ここでは、Microsoft Word文書を使用して作業しています。

結論

突然何かを修正する必要がある場合、またはオンラインサービスを使用して文書や画像を扱うことを好む場合は、Open IT Onlineを使用して、作業を完了するために必要なツールにすばやく簡単にアクセスできます。

注:私たちのテストでは、Internet Explorer Liteのバージョンには、Firefoxのバージョンと同じ数の機能やオプションが含まれていなかったようです。

リンク

Firefox向けオープンITオンラインダウンロード(Mozillaアドオン)

Firefox用オープンITオンラインをダウンロード(オープンITオンラインホームページ)

Internet ExplorerのためのOpen IT Online Liteをダウンロードする(Internet Explorerのアドオンギャラリー)

顔の髪のスタイル “サイドバーズ”は、米南北戦争の一般的なアンブローズバーンサイドが着用した別個の顔の毛の名前を付けられています。